相続のご相談

実は!相続資産が少ないほどトラブルに!!

相続対策というと、相続税が掛かる資産持ち!というイメージがありませんか?

資産が少ないほどトラブルが多くなっています!

財産が1000万円以下でもトラブルになる遺産分割

「遺産分割事件数」の円グラフ

遺産分割事件の75.9%は、遺産額が5,000万円以下!

全国の家庭裁判所における遺産分割に関する事件の新受件数(審判・調停)の推移

裁判所に持ち込まれる相談案件は年々増加!

お金持ちケンカせず?それとも、しっかりとした準備をしているのか…?
相続は税金対策だけでなく、どのような形でわけるかが本当の相続対策になるんですね!
相続税がかからなくても、「相続」が「争族」とならないために事前の準備が大切ですね。まずは無料の相続診断を!

あなたの相続…本当に相続税が掛かりませんか?

相続のイメージイラスト

相続がスタートすると、たった3ヶ月で
相続を受けるか放棄するかの 判断
がやってきます。

相続のイメージイラスト

さらに、10ヶ月後には相続税を払わないといけません。
間に合いますか!?

相続のイメージイラスト

相続税が掛かるのであれば、
納付期限までに遺産を決めておかないと
相続税の軽減措置を受けることができません。

相続のイメージイラスト

まずは資産整理を行うことで、相続対策が必要かの判断を!
でも、相続対策って、税金対策だけでは…

話を聞きたくなったら「相続の窓口」下記までご連絡ください。
いまなら 無料で不動産を中心とした相続診断 を実際させて頂きます。

相続税が大増税時代に!?

相続診断はお済みですか?

平成25年度税制改正大綱において「相続税の課税強化」と
「贈与税の税率緩和」の方針が打ち出されました!

→基礎控除額の引き下げで、これまで相続税がかからなかった方達も…

平成26年12月31日まで 平成27年1月1日から
5000万円 + 1000万円 × 法定相続人の数 3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

相続税改正前と現行制度の比較グラフ

*上記の金額以上の相続財産があっても、配偶者特別控除などで相続税がかからない場合もあります。

さらに税率もアップ。基礎控除額の引き下げで、これまで相続税がかからなかった方達も…私はかかる?かからない?

相続税増税,地価下落,年金崩壊,あなたの備えは大丈夫ですか?

相続税増税,地価下落,年金崩壊,あなたの備えは大丈夫ですか?

少子高齢化の急速な進展により、私達を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。
以前なら持っているだけで価値が上がった「不動産」も、構造的に続く地価下落でいまや家計にとって大きな負債となってきました。
加えて、どの家庭にも必ず起こる「相続」。遺産分割を巡るトラブルは年々急増し、昔ながらの古き良き家庭は急速に崩壊しつつあります。
そして今回の相続税の増税案…。この先、日本の将来にはどんな厳しい現実が待ち構えているのでしょうか…。

弊社では、土地・建物・アパート・貸地等、あらゆる不動産を通じて皆様のお役に立てるよう、相続診断サービスを始めました。お気軽にご活用ください。

次のようなことでお悩みの方はぜひ無料個別相談へ

トラブルになりやすいケース

  • 土地の境界が明確でない・・・
  • 土地を買った時の領収書が残ってない・・・
  • 長い間、田舎の土地を見にいってない・・・
  • 他人に貸している・・・
  • 相続財産の多くは不動産だ…相続人が複数いる・・・
  • 深く考えずに生命保険の受取人を決めた・・・
  • 夫婦に子供がいない…配偶者にどれくらい相続させるべきかわからない・・・

知る知らないで大違い「不動産の活用・処分」

  • 固定資産税を何とか減らしたい…相続税、どれくらい増えるか不安だ・・・
  • 相続税を減らす方法は・・・
  • 土地売却するなら、今すぐそれとも値上がり待ってから?・・・
  • 駐車場、マンション、戸建て、定期借地、資材置場、それとも何もせず・・・
  • これからはどの活用法が有利?
  • 先祖からの土地の売却、税金はいくら取られる?
  • 古アパート、リフォームするならいくらまでにするべき?
  • 古アパート、リフォーム、建て替え、今のまま、有利なのは?

マイホーム売却・買換え・賃貸

  • 家を他人に貸す場合の注意点は?
  • 今売るとしたら相場は?
  • 将来売ったほうがいい?
  • 売却資金を運用したらどれくらいの年金が作れる?
  • 買い換えるなら今、それとも何年後?

定年後に備えて自分年金を作る

  • 収益物件の購入、毎月いくらの手取りになりそう?
  • 事業用資産の買換え特例を使ったら・・・
  • 買い換えるなら今、それとも何年後?
  • 定年後の自分年金を作るには、毎月いくらずつ不動産から収益を生み出すようにすればいい?

「相談の窓口」お問合せ

お電話でのお問い合せ 0120-647-147 担当:磯貝暢子    
営業時間:10:00~18:00 定休日:なし

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)

電話番号(※必須)

ご希望の連絡方法

具体的なご要望等

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

プライバシーポリシー